動画ダウンロードソフト比較ランキング

動画ダウンロードソフト比較ランキング(最新版)

MXONE2 
http://www.internal.co.jp/ad/e/?aid=a564146c19f6dd
メリット

このソフトの大きなメリットとして挙げられるのは、ソフトの汎用性の高さです。ダウンロードブロックされている動画や、会員限定サイトの動画、さらには生放送動画などを品質そ落とすことなく、ダウンロードすることができます。SNSの動画やサイトに埋め込まれている動画もダウンロードできるので、欲しい動画さえ見つければ、手に入れられないことはまずないでしょう。さらに自動録画機能もついているため、生放送動画(コメントも保存可能)をその場で視聴していなくても、手に入れて、後で確認することも可能です。慣れてくれば一括ダウンロード機能を使用し、一気に欲しい動画を手に入れることができます。
さらにこのソフトはWindows、Macどちらでも使用することができます。ソフト自体も日本語に対応しているため、サポートもわかりやすく、充実しています。

 

 

デメリット

有料ソフトのため購入しないといけない。

 

その他

・30日間の安心保証付き
・サポートあり
・2015年バージョンアップされ、機能が増えた。
・グレードによって値段が変動、最新版ほど値段が高い傾向にある。(機能増築のため)

 

 

 

 

機能性 操作性 評価

ほかのソフトと比べても、最高性能を誇る動画ダウンロードソフト。高機能、高画質でどんな動画でもダウンロードすることができる。海外のサイトはほかソフトにおいてサポートされていないことが多いが、このソフトに関しては海外サイトはもちろん、本来ダウンロードできないようなブログや一般サイトに埋め込まれた動画までダウンロードすることができる。
有料ソフトをダウンロードできるのであれば、間違いなく一番の性能、そして機能を持っている。

 

その機能の多さから、若干複雑。しかししっかりと説明書を確認すれば、ワンクリックで動画をダウンロードすることができるため、慣れてくれば簡単に作業を進めることができる。
また、多機能高性能でありながらソフトの動作が早いことも高評価。

このソフト一つでどんな動画サイトやwebサイトからでも動画をダウンローでできるため、頻繁に動画をダウンロードする人からすれば、非常に心強く、ぜひ使用して欲しい製品。しかし、比較的高価格なため、初めて動画ダウンロードソフトを使うという人は、まず無料のダウンロードソフトを使って、手に入れられなかった動画やどうしても欲しい動画があった場合に購入を考えてみることをおすすめする。

 

VideoDownloadHelper
メリット

まず言いたいのはこのソフト、無料です。無料ソフトの中で最も汎用性が高く、使い勝手がいいと言えるでしょう。GoogleChromeやfirefoxの延長機能のため、インストールから導入までが非常に簡単で、動作も早いです。
動画だけでなく、サイト内の画像も一括保存することができるので、使用用途も多岐にわたります。動画を別のフォーマットへ変換することも可能です。

 

 

デメリット

このソフトは残念ながら、日本語に対応しておらず、公式サイトや説明文も、全てが英語表記になっています。そのため、使い方を理解するのが日本語対応しているサイトに比べると、難しくなっています。
また、動画の一括保存ができないこともデメリットと言えるでしょう。
Google Chromeやfirefoxの延長機能のため、それらの更新に伴って、一時的にエラーが発動してしまうこともあります。

 

 

その他

・海外製ソフトのため、日本語対応していない
・世界における利用者数が一位
・画像一括保存機能は画像投稿サイトでも有効なため、イラストを楽に一括保存できる。
・使い方を説明したサイトが多く存在する(日本語のものもある)

 

 

 

 

 

 

機能性 操作性 評価
このソフトは昔から無料の動画ダウンロードソフトとして重宝されており、その特徴としてはブラウザ上で動く特殊なソフトであることと、動画以外のファイル保存機能だと言えるでしょう。また、昔からあるソフトのため、様々な人の手によって拡張が行われており、機能は有料のものと遜色ないくらいにまで多くなっている。無料ソフトにおいては堂々の一位です。 ブラウザ上で操作するため、動作も軽く、手に入れい動画を簡単に手に入れることができます。ダウンロードできる動画可動かもアドオンが動いて知らせてくれるため、判別も簡単。強いて難点を挙げるとしたら、日本語に対応していないため、操作を覚えるのに時間がかかってしまうところ。しかし、使い方を親切に日本語で解説してくれているサイトも存在するため、そちらをしっかりと確認すれば覚えるのに抵抗はなくなるはず。

無料の動画ダウンロードソフトにおいては間違いなくナンバーワン、下手な有料ソフトをダウンロードするよりも、このソフトをダウンロードしたほうがいいとさえ思われます。ブラウザ上のソフトのため、いちいちダウンロードソフトを立ちあげなくていいところも高評価のポイントでしょう。さらに長く使われ、ユーザー数も多いことからエラーやアップデートによってサポートから外れてもすぐに対応してくれます。
今後も、機能の拡張やユーザー数の増加に期待が持てるソフトです。

Craving Explorer
メリット

このソフトは日本製のソフトです。日本製、とあるだけで一種の安心感を感じる人も多いはず。さらにこのソフトは自分のインストールしたい動画がアップロードされているサイトをスクリプトに追加することで、自分好みにサイトを進化させていくことが可能です。サポートの手厚さや、ソフトがオープンソースで開発されていることから、安全性も高いと言えます。動画のファイル変換機能もついています

 

 

デメリット

これは動画ダウンロードソフト全般的に言えることなのですが、このソフトは動作が軽いとは言えず、操作は簡単なのですが、動画のダウンロードにも若干の時間がかかります。また、Macには未対応なので、注意が必要です。

 

 

その他

・日本ユーザーナンバーワンの動画ダウンロードサイト
・近年では違法ダウンロード刑罰化などにより、本体の更新が停滞

 

 

 

 

 

機能性 操作性 評価

日本製無料動画ダウンロードソフトでは最も布教しており、また高性能。インストール直後のデフォルト状態では対応サイトが少ないが、ユーザーがスクリプトを追加することによって、様々なサイトの動画をインストールすることが可能になります。またこのソフトはオープンソースで開発されており、安全面が保証されているだけでなく、拡張や昨日の追加においても期待が持てる。

 

ブラウザ型なので使いやすいが、自分でスクリプトを追加しないと、キャプチャできる動画サイトの種類は非常に少ない。また、動作が他のソフトに比べて重いため、パソコンのスペックによってはフリーズやエラーの可能性が出てきてしまう。
使い方自体は直感的に操作できるように配慮されており、PC初心者でも比較的簡単に操作することができる。

数少ない日本製動画ダウンロードソフトにおいては、郡抜いた機能性と知名度を誇ります。おそらくパソコンにあまり詳しくない人でも「Craving Explorer」の名前を知っている人は少なくないはず、しかし、2012年の違法ダウンロード刑罰化などに伴い、更新が停滞しています。オープンソースなのでスクリプトの更新こそされているものの、エラーの改善や新しいブラウザへの対応などの面では、遅くなっていると言わざるを得ません。オープンソースのダウがダウンロードソフトは少なく、貴重な存在なので、ぜひ改善と発展していってほしいと感じます。

FreeMakeDownloader
メリット

「FreeMakeDownloader」はダウンロードスピードを重視する方におすすめのソフトです。日本語にも対応しており、使用することができます。このソフトは対応サイト数の多さもさる事ながら、そのダウンロードスピードが速いことで有名です。
動画のファイル変更機能も無料で使うことができます。

 

デメリット

このソフトはWindowsのパソコンにしか対応していないため、Macのパソコンでは使用することができません。また、インストール時にチェックを外さないでインストールすると、その他余計なソフトも付属してインストールしてしまうため、注意が必要です。さらに、海外で有名なソフトため、日本のサイトに対応していない場合がある。

 

その他

・日本ではあまり有名ではないが、世界的には広く認知されている。
・海外製のソフトである。
・世界20カ国以上で使用されている。

 

 

 

 

機能性 操作性 評価

対応サイト数はデフォルトの状態では「Craving Explorer」を上回りますが、スクリプトしだいで「Craving Explorer」に抜かれる可能性があります。ダウンロードスピードは「FreeMakeDownloader」の方が高いです。

 

全体的にごちゃごちゃとして見づらいイメージがありますが、その分多機能で、一つの画面で動画のキャプチャ、そしてファイル方式の変換が可能です。さらに日本語にも対応しているので、パソコンをあまり触ったことのない人でもすぐに使いこなすことができると思います。 日本ではあまり認知されていないものの、海外では人気が高いソフト、海外サイトには多く対応していますが、やはり日本人、向けに制作されているとは言えないようです。ですが日本語にも対応していますので、使おうと思えば使いこなすことは比較的容易です。使い勝手は簡単で、非常に優しいソフトだと思いますので、今後日本人ユーザーが増加することでサポートや対応サイトが増えることを願うばかりです。

RealPlayer
メリット

このソフトは、海外サイトに非常に強く作られています。またWindows、Mac、どちらでも使うことができ、動作するパソコンを選びません。動画ファイルの変換機能はもちろん、今までにない動画の編集機能、CD、DVDへの書き込み機能も使用することができます。日本語に翻訳もされており、クラウドサービスやiPhoneやAndroid端末との連携も可能、さらにはこのソフト自体をメディアプレイヤーとして使うことができます。

 

 

デメリット

全ての機能を使用する場合には有料のプレミアランクへのアップデートが必要です。また、利用するブラウザによってはエラーが発生し、ダウンロードできない場合があります。
主に海外サイトへ向けて制作されているので、アップデートされても日本版のリリースは遅く、どうしても海外よりも遅れてしまいます。

 

 

その他

・世界的に広く認知され、使われている動画ダウンロードソフト
・非常に古くから拡張とアップデートを繰り返し使われている。

 

 

 

 

 

機能性 操作性 評価

海外サイトの動画に強い動画ダウンロードソフト。ただ、日本用に作られていないからなのか、国内サイトではエラーが多く確認されています。機能強化が行われているので、今後のアップデートに期待です。

 

このソフト一つで動画のキャプチャから編集、メディアへの書き込みなどたくさんのことができる分、画面はごちゃごちゃとしてわかりづらいイメージ、しかし、その代わりに機能の多さは他のソフトの追随を許さないので、便利だとも言える。
複数のソフトを使用して動画編集、キャプチャなどを行っている場合は、一時的に面相臭いのを覚悟で乗り換えるのも手だと考えます。

動画のダウンロードから編集、再生、書き込みまで幅広くこなす万能ソフトですが、その分小さなエラーは多く、所々でほころびが見られます。ダウンロードソフトとしては他のソフトに劣りますが、様々な事を一つのソフトでやってしまいたい人にとってはいいソフトかもしれません。ですが、ダウンロードだけが目的なのであれば、別のサイトを使用したほうが早く、確実です。

シンプルダウンローダー

・メリット
日本語化された海外製ソフト。
誰でも操作できるような簡単設計。
一つの動画サイト専門に設計されているのでダウンロード失敗が起きにくい。

 

 

・デメリット
動画サイト別に販売されているので一つのソフトで一つの動画サイトからしかダウンロードできない。
多くが2,980円なので割高である。

 

・その他
パソコンにインストールはしない。

 

 

 

機能性 操作性 評価
ニコ生ならニコ生ダウンローダー、YouTubeならYouTubeダウンローダー、FC2動画ならFC2動画ダウンローダーと、それぞれのソフトごとに販売されているのでダウンロードできる確率が高い。ダウンロードに関しては信頼性があるが、それ以外の機能はない。高速ダウンロードや多彩なファイル形式変換はできないので割り切って考える必要がある。もしいろんな動画サイトから落としたい場合はデスクトップキャプチャーが販売されているので録画する形で保存ができる。 インターフェイスはシンプルで、URLの入力枠があり、その下にダウンロードボタンとフォルダを開くボタンがあるだけ。YouTubeならURLをコピーしてYouTubeダウンローダーを立ち上げ、入力枠に貼り付け、ダウンロードボタンを押すだけ。ファイル形式はFLVで保存される。再生はデフォルトのWindows Media Playerでは再生できないので、コーデックを入れるかFLVが再生できるプレーヤーソフトを用意しておこう。

 

このソフトの使い方としては、やはり動画のダウンロードがはじめての人で、YouTubeだけきっちりとダウンロードしたい、操作は難しくないものを望んでいる人だろう。またYouTubeとニコ生など2〜3のサイトだけ見る人かと思われる。重たい動画のダウンロードなどヘビーに使う人には向いていない。操作はシンプルでよいのだが、見る動画サイトを限定してしまうことと、ファイル形式変換はまた別に行わないといけない手間がかかる。ソフトの価格は一つ2980円と通常の動画ダウンロードソフトの価格と大きな差はない。1サイトだけの使用と考えればやはり高い。パソコンにインストールしない仕組みは親切。機能がないソフトなのでできるのだが、使う時だけアプリケーションをサッと立ち上げて使用するのはどこか精神衛生的に気持ちが良い。動画ダウンロードソフトによっては中国系のアプリケーションをインストール時に入れてくるソフトも多いので、できることならインストールはさせない方がよい。基本は予算的に問題ないことが前提なので、割り切って使用しよう。2つ購入するとほぼ6千円なので有料ダウンロードソフトも視野に入ってくる。それでも多機能はいらない、という人は使ってみるとよい。

Vid-DL

・メリット
ダウンロードできるサイトがとても多い。
ブラウザで動かす設計のアプリケーション。
ブラウザで動作させるのでOSに依存しない。

 

 

・デメリット
初期設定が複雑で初心者には難しい。
JAVAのインストールと設定が必要。
対応サイトは多いが、有名サイトが抜けていることもある。FC2動画は非対応。

 

 

・その他
現在はソフト開発はされていない。

 

 

 

 

機能性 操作性 評価
機能面の評価としてはこのソフトは独特。パソコン本体にインストールして使うものではなく、あくまでブラウザ上のサイトから動画をダウンロードするツールである。そのため通常の動画ダウンロードソフトのような高速ダウンロード機能やファイル形式変換機能、デスクトップキャプチャー機能などはない。シンプルな機能だけのアプリケーションである。メリットとしてはブラウザからダウンロードするのでエラーが少ないこと。Macintoshからでも使用できる。対応サイトはあまり知られていないサイトが対応していたりするので、メインのダウンロードソフトが非対応だった場合にこのソフトで試してみるのはいいかもしれない。

ブラウザ画面の操作なので比較的シンプル。落としたい動画サイトをURLを貼ってダウンロードする流れは通常のダウンロードソフトと全く同じ。それをブラウザページで行うことになる。ダウンロードする時に解像度を選択することができる。ファイル形式変換はできない。
このダウンロードをする前の作業が初心者には難しい。JAVAを使用するのでJAVAのサイトにアクセスしてJAVAをダウンロードインストールしよう。ダウンロード画面には64ビット版などがあるのでパソコンい弱い人はわからない可能性がある。JAVAのダウンロードインストール後はJAVAを起動させて設定を行う。この設定はVid-DLというサイトからダウンロードさせても問題ないよ、という例外URLを登録する作業。この作業までが終わればあとの操作は簡単に行えるだろう。

 

一番の問題は導入手順。JAVAのインストールははじめにどれを選んでよいのかわかりにくい。Mac用なら1種類だが、Windows用は3種類もある。もちろんこれはJAVAサイトの問題だが、このページにアクセスしないといけない手間はマイナスポイント。ダウンロードしてしまえば、ネット情報でセキュリティの例外サイト設定はできると思われるので、JAVAのインストールだけが迷うところ。それが終わってしまえば動画のダウンロードは簡単で、画質面も選択から選ぶだけとなっている。あとは対応サイト数の問題。他の無料動画ダウンロードソフトで対応サイトが充実しているものがあるので、Vid-DLを無理に使う意味が弱くなっている。もし他のダウンロードソフトで落とせない場合にこのVid-DLで試してみるとよい。

Aiseesoft

・メリット
対応サイトは人気サイトを抑えてあり、約150サイトほど対応している。
ファイル形式変換が可能、モバイル端末に移動させて視聴できる。
処理速度はキビキビと速く、ダウンロード速度やファイル形式変換速度が速い。
Macにも対応している。
4Kの高解像度、フルHD、さらに3D動画のダウンロードまで対応している。
3ヶ月の返金保証あり。

 

・デメリット
3D機能まであるので、ソフトの動作は重たい。
使用料金は1年ごとに課金となる。

 

・その他
中国製である。
YouTubeだけのダウンロードであれば、無料版が用意されている。

 

 

 

機能性 操作性 評価
機能面はシェアウェアらしく最低限の部分を抑えている。対応サイト数は特に中国系サイトに多いが、中国製ソフトなのでこれは仕方がないかもしれない。ダウンロード速度へのこだわりやファイル形式変換速度も考えられているので悪くない。 インターフェイスの評価はあまり良くない。一般的な使いやすい動画ダウンロードソフトの場合、動画のURLを貼り付ける枠があるのだが、このソフトには枠がない。その替りに「+URLを貼り付け」ボタンがあり、ここを押すことで自動で貼り付けが行われる。その後ウインドウが立ち上がり、動画の解像度やファイル形式変換を選択できるようになる。一度使えば覚えられるが、もっとシンプルにできるので操作性が良いとは言えない。あとはソフトの設計が悪く、動作が重い。ダウンロードなどの処理速度は速いのでこの点は惜しい。

 

機能面はまずまずの評価、操作性は覚えてしまえば大丈夫なレベルだが、問題は価格。1年間で2980円というのは高い。1ライセンス2980円ならベストな価格と思うが、毎年その価格を支払うとなると価値はなくなってしまう。なぜなら無料動作ダウンロードソフトでもそこそこの性能のものがあるし、1万円も出せば多機能で高性能なダウンロードソフトが購入できる。このソフトを3年も使えばほぼ1万円の出費となるので、それであればMXONEを購入した方が賢いだろう。

Woopie Video Desktop

・メリット
動画検索から再生まで一貫してこのソフトで完結できる。
フリーウェアである。
Craving Explorerのようなブラウザ機能がある。

 

 

・デメリット
広告がとても多く画面が見づらい。
広告とメニューの多さで初心者は戸惑うインターフェイス。
ブラウザによっては警告表示が出るので安全なソフトではない。

 

・その他
開発が終了したソフト。

 

 

 

 

機能性 操作性 評価
フリーウェアなのでシェアウェアほどではないが、独自の機能が備わっている。ブラウザ機能があるのでこのソフト上で動画を探してダウンロードすることができる。ブラウザ機能だけでなくおすすめ動画が表示されていたり自分の好きな動画を集めて管理することもできる。再生もこのソフト上で行えるので、機能面はまずまず良いだろう。 メインメニューはブラウザ機能をアピールしたインターフェイスとなっている。この画面上で動画を検索でき、おすすめ動画リスト、自分がダウンロードした動画のリスト、ダウンロードボタン、URL入力枠、再生タブが集まっている。この画面一つで完結できる分、初めて見るとなにをすればよいのかわかりにくいだろう。ここに広告も複数表示されているのでますますまとまりがなくなっている。動画ダウンロード時にはファイル形式変換を選択でき、このあたりの操作性は良い。

 

ブラウザとプレーヤーも併せ持つ動画ダウンロードソフト。便利だがフリーウェアなので広告の多さは残念。また一時期は人気のダウンロードソフトだったが、開発が終わったため利用者は減っている。そのため安全なソフトではないので使用するにはリスクもあるだろう。

 

StreamTransport

・メリット
無料で使える動画ダウンロードソフト。
操作画面が見やすい。

 

・デメリット
対応サイトに問題があり、ニコニコ動画やFC2動画は使えない。
開発が遅れているソフトなのでエラーが多い。

 

・その他
中国製のソフトである。

 

 

 

 

機能性 操作性 評価
対応サイトの評価は非常に悪い。ニコニコ動画とFC2動画が非対応となれば利用者は激減するだろう。ただ中国系サイトからダウンロードするだけの機能しかないのでその他の機能面でも評価できない。 操作画面はシンプルダウンローダーのように入力枠とダウンロードボタンがはっきりしているので誰でも使えるレベル。

 

フリーウェアであるが、国内動画サイトに非対応で目立った機能がなければこのソフトを選ぶ理由がない。アップデートの遅さからも今後はこのソフトに期待はできないだろう。

 

Orbit Downloader

・メリット
フリーウェアである。
マルチスレッド対応なので複数のCPUで処理を行い、高速ダウンロードができる。
複数の動画を一括でダウンロードすることもできる。

 

 

・デメリット
国内動画サイトに弱い。
各セキュリティソフトから危険と判断されたソフト。

 

・その他
2013年にスロバキアのESETセキュリティがDDoS攻撃マルウェアがあることを報告。

 

 

 

 

 

 

価格 容量 評価
フリーウェアで珍しくマルチスレッド対応。ダウンロード速度が速いのは好評化。逆にそれ以外で紹介できる機能はない。 ブラウザで動画を表示するだけでダウンロードの案内を出してくれる。そのままダウンロードするだけなので英語版でも問題ないだろう。

 

ESETセキュリティソフトがDDoS攻撃マルウェアを発見したことで、このソフトを使っているユーザーはいないと思われる。現在は各セキュリティ会社もこのソフトに警告を出しており、最も危険なダウンロードソフトになっている。

 

 

 

 

 

▲トップページに戻る▲