動画ダウンロードソフト比較ランキング

無料ダウンロードソフトのCraving Explorerの評価

公式サイトはこちら  Craving Explorer

 

 

無料ダウンロードソフトのCraving Explorerは各ダウンロードソフト紹介サイトで取り上げられる人気ソフトです。無料ダウンロードソフトには他にもいくつかよいソフトがあるので、それらと比較してみましょう。

 

 

Craving Explorer(CE)とは

 

まずはソフトの特徴をご紹介しておきましょう。

 

対応サイトはYouTube、Dailymotion、ニコニコ動画となっています。Dailymotionは2014年に対応サイトとして追加されたばかりで、それまではYouTubeとニコニコ動画だけでした。特徴はなによりもブラウザ内蔵ということでしょう。一つの画面から動画を探してダウンロードすることができます。またダウンロード時には動画形式を変更することもできます。これも人気の要因でしょう。

 

デメリットはダウンロード速度が遅いこと、ダウンロードの取得失敗が時々起きることでしょう。YouTubeの仕様変更にも定期的にアップデートで対応はしてくれていますが、不安定な動作になることがあります。またインストール時に不要なプログラムが入る問題もあります。これはカスタムインストールをすることで回避できるのですが、多くのユーザーがそのままインストールをしてしまうため、ブラウザのスタートページが変えられてしまったり、ヤフーツールバーがいつの間にか入っていたりします。

 

無理やりインストールされるわけではないので、ユーザー側で対処するようにしましょう。あとはMacで非対応なのも残念です。

 

 

 

他のダウンローダーとの比較

 

CE以外に人気のダウンローダーといえば、Video DownloadHelper(VDH)があります。

 

このソフトはブラウザのアドオンで動作します。そのためブラウザでYouTubeなど動画を見ている際に、上部バーのアイコンからすぐに動画をダウンロードできます。このソフトもけっこう簡単にダウンロードが行えます。CEとは操作性の評価は同じくらいでしょうか。VDHの方がなんのソフトも立ち上げずにブラウザだけの操作なので、VDHの方が一歩リードかもしれません。

 

動画形式の変更は、別のアプリケーションをインストールすることで可能になります。それだけ行えば、ダウンロード時に形式を選択することができます。対応サイトはVDHは圧倒的に多いです。CEはスクリプトをインストールすることで140くらいサイトを増やせますが、不安定な動作になることがあります。VDHは英語表示のみなので、動画形式変更くらいしか操作できないでしょう。英語がわかればすべて操作できるでしょうが、わからない人が使えるのはこれくらいだと思います。

 

 

 

他には5KPlayerも人気ダウンローダーです。

 

5KPlayerは300サイト以上に対応していて、シンプル操作がウリです。MacとのAirPlay再生も可能です。再生プレーヤー付きなので、落とした動画は即座に再生することができます。

 

ダウンロード操作は、一般的なコピーペースト式です。動画サイトからURLをコピーして、5KPlayerのペーストボタンを押すと動画が表示され、ダウンロードができます。動画形式変更はコンバーターを押して変更ができます。シンプルでそれほど難しくはないでしょう。ダウンロードエラーは少なく、安定性はこの5KPlayerの強みです。
Facebookの動画などをサッとコピペしてダウンロードできるのは楽しいのではないでしょうか。こういう楽しみ方はCEにはできません。

 

プレイリストがしっかりしているのも特徴です。好みの動画を管理する機能があります。
CEの場合は、決まったフォルダに、WMVやMP3など形式別にフォルダに入るようになっています。これでも困ることはないですが、どうせならソフト上で動画を管理できた方がアクセスしたり探しやすいと思います。こちらも英語表示のソフトになります。

 

コピーペースト式に抵抗がなければ、CEよりも評価の高いソフトになると思います。

 

 

 

FreeMake Video Downloadeも無料ダウンローダーで評価の高いソフトです。

 

Video DownloadHelperに匹敵する対応動画サイトを誇ります。ダウンロード速度が速く、この点はCEは差をつけられています。

 

ダウンロード操作は、ブラウザの拡張機能として動作するので、ブラウザ内でダウンロードボタンが現れ、それを押すとソフトが起動する仕組みになっています。動画形式の変更もわかりやすく、操作性も良いでしょう。インターフェイスのデザインが洗練されていて、綺麗でどのボタンを押せばよいのかひと目でわかります。CEはこのソフトにはかなわないと思われます。ただFreeMake Video Downloaderは注意してインストールしないとBaiduプログラムを入れられてしまうデメリットがあります。

 

 

 

他ソフトと比べて

 

他の人気ダウンローダーと比べてみるとCEの立ち位置がよくわかりますね。CEはブラウザ内蔵でソフト内からダウンロードできるのがメリットでしたが、現在では海外製ソフトで同じように一つのウインドウからダウンロードできるソフトが増えています。しかも対応サイト数ではCEは劣るので、ダウンローダーとしてはもう一歩というところでしょうか。
Craving Explorerが優れているのは日本語表示、という安心感があります。これくらいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

>>他の動画ダウンロードソフトと比較する

 

優秀なダウンローダーは有料ソフトになりますが、高機能・高性能なダウンローダーといえばMXONE2になるでしょう。このソフトは無料ダウンローダーには絶対真似のできない機能があります。それはどんな動画でもパソコンに保存できることです。通常の無料ダウンローダーは、有料映像や生放送などは一切落とせません。無料の動画キャプチャーソフトをいれても、著作権がかかっている有料映像は記録できないのです。しかし、MXONE2というソフトは著作権保護を解除せずにパソコンに取り込んでしまいます。これでどんな動画でも落とせることになるのです。もちろん日本語表示ですし、高速ダウンロードが可能です。ブラウザからのワンクリックダウンロードも対応。機能はとても多いです。これを購入すれば、無料ダウンローダーはどれもいらなくなりますよ。