動画ダウンロードソフト比較ランキング

MXONE2の評価やデメリット ※販売終了しました

公式サイトはこちら  MXONE2

 

 

 

ネット上でも高評価のMXONE2ですが、詳しく機能や操作性などを評価してみました。デメリットに関しても書いています。

 

 

機能性

 

対応ダウンロードサイト

MXONE2は機能は豊富なダウンロードソフトと言えます。ダウンロード可能な動画サイトは多いようです。公式サイトにはサイト数は記載されていませんでしたが、3種類のパケットを駆使して様々な動画サイトから検知することができるとのことです。

 

万が一ダウンロードできなければ録画キャプチャ機能がありますし、上級者の人にはスクリプト追加で動画サイトを増やすこともできます。

 

 

高速ダウンロード

マルチスレッド処理ができるため、2つ以上のセッションでダウンロード処理を行い、高速化を実現しています。無料のダウンロードソフトとの違いに驚くでしょう。

 

 

デジタル録画に対応(PRO版以上)

ダウンロードできなかった動画は、デジタル録画で保存することができます。動画キャプチャといってもデジタル録画なので、画質が落ちることはありません。そのままの画質で保存できます。

 

ただしどんな動画でも保存できてしまうので、複製が認められない動画の録画は違法になるので気をつけてください。それくらいなんでも録画保存できてしまいます。

 

 

 

動画変換にも強い

MXONE2の動画形式は解像度の種類まで用意されているため、全部で44種類もの選択肢があります。MP4やAVI、WMV、AACなど自由に選べます。

 

 

MXONEプレイヤー

MXONE2にはプレーヤー機能もついています。落とした動画は即再生できます。ニコニコ動画ならコメントも表示されますよ。MXONEプレイヤーにはお気に入りリストの作成ができます。パソコン内の動画で気に入ったものを登録してすぐに見ることができます。

 

 

 

アドオン機能(Extreme版以上)

IEのアドオンとして使うことができる機能です。ブラウザがIEの人しかメリットはありませんが、動画を再生させると下にバーが出てダウンロードボタンが出るのです。動画を見ながらワンクリックでダウンロードさせることもできます。

 

 

 

操作性

 

MXONE2は初心者でも操作しやすいようにデザインされています。上記の機能が一つの画面にメニューとして出ていることはありません。トップ画面で目的の機能を選択してからメイン画面に入るので、複雑ではないのです。とてもよく考えられたインターフェイスになっています。

 

またYouTube、ニコニコ動画、FC2動画、Dailymotion、Youkuに関してはブラウザダウンロード機能が使えるため、MXONE2のメイン画面から各動画サイトへアクセスでき、動画を検索してダウンロードができます。

 

ウインドウを行ったり来たりすることのない、使い勝手になっています。

 

録画機能や動画形式変換に関しては多少動画ファイルの知識がないと難しいですが、初心者の人はとりあえずデフォルトのままで使いましょう。

 

録画機能はExtreme版以上ならウインドウを隠していても録画を続けてくれます。つまりパソコンを別のことに使用できるのです。こういった操作性も高い評価につながっていると思います。

 

 

 

ダウンロード方法

 

MXONE2のダウンロード方法は、よくあるURLの貼り付けに加え、一度ブラウザでアクセスするとMXONE2の画面でも読み込んでアクセスする方法や、上記のブラウザダウンロード機能を使うこともできます。

 

YouTubeやニコニコ動画だけをいつも見るのであればブラウザダウンロード機能が便利ですし、それ以外の動画サイトならURLの貼り付けか一度ブラウザでアクセスして読み込ます方法がいいでしょう。

 

 

MXONE2のデメリット

 

期間限定配信の動画は録画してもその期間しか再生することができません。著作権保護には従わないといけませんから、やむを得ないでしょう。

 

機能面では充実しているので、デメリットというものはないと思います。強いて言えば、アドオンをFirefoxやChromeにも適用してもらえるとありがたいですね。将来的に対応してくれるのを待ちましょう。

 

価格はこれだけ高性能なので安価なソフトではありません。しかしこれ1本あれば完結できるので、納得の価格だと思いますよ。

 

 

 

エディション別の機能

 

通常版(6,980円)

最も低価格なエディションとなります。YouTubeやニコニコ動画、FC2動画など動画の高速ダウンロードと、動画形式変換ができます。安いのはいいのですが、MXONE2といえばなんでもパソコンに保存できることなので、このエディションでは単なるダウンロードしかできません。録画機能はいらない、ふつうのダウンロードソフトと同じことをマルウェア感染の心配なくしてみたい、という人にはおすすめです。フリーウェアソフトではオービットダウンローダーにトロイの木馬が仕組まれていた事件がありましたからね。洒落になりません。安全性を重視するならシェアウェアでしょう。

 

 

PRO版(9,800円)

このPRO版からおすすめしたい録画キャプチャが使えるようになります。これで大幅に機能が向上しました。ただ、録画中はパソコンは他のことには使えないので、不便さがあります。機能面では落とした音楽ファイルを自動でiTunesのライブラリに入れてくれたり、音量調整をしてくれます。急に大きな音量の曲とかありますよね。それが他の曲と同じ音量レベルに調整してくれる機能です。

 

 

Extreme版(14,800円)

録画キャプチャが格段に便利になるエディションです。録画はユーザーが操作せずにソフトが判断して録画開始を行います。もちろん操作して録画させることも可能です。自動で映像を録画してくれ、しかもパソコンを別のことに使っても大丈夫。他のウインドウで映像は見えなくなっても録画できているのです。またニコ生を落としたい人はこのエディションからが条件になります。またアドオンにも対応するので、1回のクリックでダウンロードが完了します。

 

 

Ultimate版(19,800円)

Ultimate版にはディスクへのオーサリングが可能となり、音声ファイルはAAC保存、また動画の結合ができるようになります。お気に入りの動画を集めて結合させ、オリジナルメニューのディスクを完成させることができます。

 

 

総合評価

MXONE2でこんなことができる、というのが参考になったと思います。様々な使い方を提案してくれる、それがMXONE2でもあると思います。ユーザー目線で作られたMXONE2なら動画ダウンロード生活が充実することでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

>>他の動画ダウンロードソフトと比較する