動画ダウンロードソフト比較ランキング

昔からあるダウンロードツールVid-DLをレビューしてみた

公式サイトはこちら  Vid-DL

 

 

 

10年くらい前からあるダウンロードツールのVid-DL。最近動画のダウンロードをはじめた人はおそらく知らないと思います。どんなツールなのか、書いてみました。

 

 

ウェブベースのダウンロードツール

 

Vid-DLはウェブベースのダウンロードツールなのです。これではなんのことかわかりませんよね。通常は、パソコンにダウンロードソフトをインストールし、起動させて動画をダウンロードしますよね?

 

しかしVid-DLはそのようなアプリケーションはインストールせず、ブラウザを開いてVid-DLのホームページから各動画をダウンロードさせる仕組みなのです。ネットから簡単に各動画をダウンロードするなんて、お手軽さMAXなツールなのです。これから初めて動画のダウンロードをする人でもできるでしょう。

 

しかし、自由にダウンロードできるというのは危険性も含んでいます。Vid-DLにトロイの木馬が仕組まれたりしたら、動画をダウンロードした瞬間にパソコンに入ってしまうのです。

 

そのためこのようなウェブベースのダウンロードツールは現在では使用する人はあまりいないでしょう。

 

 

 

使い方

危険性をはらんでいるVid-DLですが、使い方も書いておきましょう。はじめに、Javaをインストールする必要があります。Javaの公式サイトから、最新のJavaをダウンロードインストールしてください。

 

次に、Javaの設定画面から、「サイト・リストの編集」で、ダウンロードできるようVid-DLのURLを入力します。この枠内にはコピーペーストはできません。キーボードでURLを打ってください。

 

これが終われば完了です。

 

あとはVid-DLのサイトにYouTubeなどの落としたい動画のURLを貼りつけてダウンロードするだけなのですが、ここでも「この操作は危ないです」的なメッセージが表示されます。

 

全てこのような表示は無視して、実行させてください。これでダウンロードができるようになります。

 

 

 

対応動画サイト

Vid-DLのサイトからダウンロードできる動画サイトは、人気のYouTube、ニコニコ動画、FC2動画に加えて、DailymotionやXvideos、Youku、Filemanなど多数あります。

 

しかしネットのレビューを見る限りでは、ダウンロード失敗もよく起きているようです。古い無料ツールですし、安定性という面では期待しない方がよいでしょう。

 

 

 

動画形式変換

Vid-DLは動画形式変換ができます。ただ、できるのはMP4とWebMのみです。音声ファイルには変換できません。

 

今のダウンロードソフトはほとんどがWMVやFLVなどいろんな形式と、解像度別に選択できたりするのでVid-DLのような2種類しか変換できないのは大きなマイナスポイントでしょう。

 

またこの動画形式変換以外になにも機能はありません。

 

 

 

おすすめはMXONE2

 

安全にダウンロードソフトを使うなら、シェアウェアにしましょう。無料ソフトのような危険性はありません。Vid-DLのようにブラウザが何度も警告を出すなど異常です。そのようなツールやソフトは使うべきではありません。

 

数年前はorbit-downloaderというダウンロードソフトにトロイの木馬が見つかりました。この例を見ても、フリーウェアには第三者がウイルスを仕込ませることもできてしまうのです。

 

安全性が高く機能が充実しているシェアウェアと言えば、MXONE2でしょう。MXONE2はダウンロードソフトの中でも最も高機能と言われています自慢は高速ダウンロードと録画キャプチャー。動画をサクサク保存し、動画のタイプによっては自動録画してくれます。

 

ブラウザ内蔵なのでソフト内から動画の検索もできて操作も簡単です。動画を落としたいなら、MXONE2を使っておけば間違い無しです。

 

 

 

 

 

>>他の動画ダウンロードソフトと比較する